2007年08月25日

ヤンゴンの日本人墓地 〜その2〜

〜2007年4月29日〜

JapaneseCemetery3.jpg

思ったより綺麗だ。
もっと荒廃しているかと想像していたが、しっかり手入れされている。
門前にタクシーを待たせると、慰霊台までのまっすぐな道を進んだ。


日本から持ち込んだ一升瓶を出し、合掌。

日本から遠く離れたこの地で、灼熱の太陽の下、この地で眠る人々は何を想って戦ったのだろう・・・

妻への便り
陸軍伍長 野 尻  司 命
昭和十九年四月二日
ビルマにて戦病死
愛知県出身 三十歳


  その後変りありませんか。私も相変らず、この田舎町の警備についてゐます。何の変りもなく……
 弘美は丈夫ですか、靖彦はどうですか。 もう歩けるかしら等と、時々夢に見ます。
 内地と異つて、何時弾丸が来るか判らない全くの敵地、元より、命は捧げてはあるものの、何時でも思ふものは優しい妻であり、可愛い子供であります。


強い日本の女性として、否日本軍人の妻として、石よりも固い決心を持つて何事にも打勝つて下さい。
 そして靖彦も弘美も、立派な人間に育て上げてやつて下さい。
 よくある話にも、その蔭にかくれた涙ある事を知つてゐます。お前ならば必ず誰にも負けない妻であり、母であつてくれると確信してゐます。
 何一つの心配もなく、かうして御奉公出来るのも、一つにお前様のお蔭と、何時も感謝してをります。
 では弱い身体、充分寒さに気をつけて、元気に暮される様、戦地からお祈りします。

草 々


 野 尻 し の 様

JapaneseCemetery5.jpg    JapaneseCemetery4.jpg



有難うございました 
陸軍中尉 室 木 能 之 命
昭和二十年五月十四日
ビルマ・レバタン東方にて戦死
石川県出身     二十三歳


母上様
幼きより私と苦楽を共にせられたる御恩靖国の御社より永遠に御慕ひ申上げます。
私の一死にて御心身相乱さるる事なく銃後の一婦とし邁進せられん事を御祈り致します。
最後に幸子を御願ひ申し上ぐる我が儘を御許し下さいませ。
遙かに御身体の健かならん事を併せて御祈り致します。
有難うございました。

能之

母上様
昭和十九年七月十三日



幸子様
兄は大忠孝に死す。
唯幸子の立派な一皇国女性にならん事のみ靖國の御社より御祈りします。
御父上様御母上様の御教へ通り最後迄正しく進まん事を祈ります。
幸子は常に兄が加護しあり苦しい時は兄を思へ。
 「死は苦よりも楽」とは武人たる兄の心なり。
死を超越し苦を乗り切り皇国の一女性として立派に生きられよ。

能之

幸子様
昭和十九年七月十三日

JapaneseCemetery6.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ←クリックいただけると励みになります。。

すいません。
更新が滞ったときは、こちら↓の方々のブログをご覧ください。。
面白いブログがいっぱいありますよ!
●国内外問わず旅行の事なら ==> ブログ村 旅行
●海外旅行なら地域を問わず ==> ブログ村 海外旅行
●アジア旅行のブログなら  ==> ブログ村 アジア旅行
●一人旅の事なら      ==> ブログ村 一人旅
●旅先の写真を見るなら   ==> ブログ村 旅行・海外写真

posted by そら at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミャンマー旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。